ニュースNews一覧

2021-09-12Stereo Sound Onlineで山本浩司先生によるWestminsterLab 「Rei」4台使いの試聴レポートが掲載されました
「ウエストミンスターラボ「Rei」を4台(!)使った、ブリッジ&バイアンプ駆動を体験。わが生涯で聴いた凄い音BEST5に入る、超絶サウンドが体験できた」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-09-09オーディオ実験室でSOtM sMS-1000SQ Eunhasuの試聴レポートが掲載されました
「SOtM:sMS-1000SQ Eunhasu(ウナス)を試してみたら、・・いとも簡単に話題の Roon(ルーン)を始めることができました。」というタイトルで紹介されています
2021-09-072021年10月1日よりLUMIN製品の価格改定を行います
X1, D2, U1 MINIが対象となります
2021-09-03オーディオ実験室でLUMIN X1の試聴レポートが掲載されました
「LUMIN のフラッグシップ X1 が・・素晴らし過ぎた。」というタイトルで紹介されています
2021-09-01High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました③
170時間程経過後の試聴結果を掲載されています
2021-08-31オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables:NPS-1260の試聴レポートが掲載されました
「High Fidelity Cables:NPS-1260 3D ブレークイン完了。今日はアナログを聴いてみる。」というタイトルで紹介されています
2021-08-26High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました②
50時間程経過後の試聴結果を掲載されています
2021-08-25【WestminsterLabのアンプ及びケーブルの記事がAudio Accessory誌182号に掲載されました】
井上千岳先生と炭山アキラ先生より「独自の設計思想が導く完全フルバランス伝送」と紹介されています
2021-08-24High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました①
まず6時間程経過後の試聴結果を掲載されています(次回報告は36時間後の予定とのことです)
2021-08-23オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables:MC-0.5 Helix + のアンプ背面「サービスコンセント」利用の試聴レポートが掲載されました①
「LUXMAN:L-505f 背面のサービスコンセントに今度は MC-0.5 Helix+ を挿してブレークインを始めてみる」というタイトルで紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > WestminsterLab

WestminsterLabBrands

画像

 

WestminsterLab

/***************************************/

三重県伊勢市のサウンドエース様で
WestminsterLab「Quest」&「Rei」の試聴展示が始まりました


「プレーヤー、スピーカー色々替えて
2週間ほど楽しみ尽くさせていただきます。
8月29日(日)まで試聴していただけます。」

と告知されています。

/***************************************/

 

/***************************************/

ダイナミックオーディオ 7F
【H.A.L's Brief News】で
WestminsterLab「Quest」&「Rei」の
常設展示が告知されました。


「あのWestminsterlabが遂にやって来ます!
しかも前回より強力なパワーで!」


9月4日(土)からの展示に向け、
試聴予約も開始されています。

試聴予約状況はこちらから確認できます。
試聴予約はこちらになります。

展示では通常のシングル接続だけでなく、
バイアンプ接続や
ブリッジアンプ接続も
お聴きいただける予定です。

是非WestminsterLabのサウンドを
一度お聴きください。

/***************************************/

Westminsterlabは2007年にロンドンで設立されました。

2007年、WestminsterLabは、オーディオ伝送用に
特別に設計されたオーディオ用USBケーブルを提供した
最初の企業の1つでした。

それ以来、私たちは完全なデジタルと
アナログのオーディオ接続を実現するための
研究開発に力を注いできました。

2016年に非常に野心的なアンプUNUMを
ミュンヘンのショーで発表しました。

UNUMは、デザイン、エンジニアリング、
クラフトマンシップ、
そして音楽の解釈方法に対する独自のアプローチで
業界に一石を投じました。

その後ReiとQuestのコンボを
それぞれ2019年と2020年にリリースし、
より身近なアンプとそれにマッチしたプリアンプを
提供しました。

音楽の楽しみ方

 私たちの究極の使命は、
すべての音楽愛好家に本物の音楽体験と
その音楽のユニークさを引き立たせて
楽しめるようにすることです。

音楽または音楽再生とは何かという定義は、
音楽に対する個人的な見解と経験によって異なります。

音楽へのアプローチは
誰にとっても同じではないかもしれません。

私たちは、音楽へのガイダンスとなり、
細部をすべて再現し、ピーク・ディップを緩和し、
すべての人のリスニングの障害を取り除き、
すべての人に音楽に対する洞察を深め、
音楽と自分自身の関係を
認識してもらうことを目標としています。

音楽への道に沿ったパイオニアとして、
私たちの足跡をたどることで、
誰もが自分で追及を続け、
最も純粋な音楽を味わうことができます。

音楽に明確な結論はありません。

私たちは、最高の要素、部品、
コンポーネント、および回路図を提供し、
それらを製品内で可能な限り
最高の場所に割り当てる役割を果たします。

時々、私たちは思考プロセスを見直して、
思考と認識が順調に前へ
進んでいるかどうかを確認します。
私たちの道は、探求、努力の絶え間ないプロセスです。
知れば知るほど、
もっと前へそして遠くへ向かうことができます。


エンジニアリング、デザイン、クラフトマンシップ

独自の会社の目標と開発体制により、
WestminsterLab内のメンバーは互いに緊密に連携し、
摺合せによる設計で
究極の目標を実現する製品を開発しています。

妥協した設計を回避し、
最高の音楽パフォーマンスを
あなたのリスニングルームにお届けします。

この独自性は、設計と製造のさまざまな段階で守られています。

コンピューターの有限要素解析シミュレーションは、
機械的および電子的な振動を分析するために
広く使用されてきました。

熱および流体力学シミュレーションは、
トランジスタやその他の主要な電子部品への
空気の流れと熱制御を
最適化するために使用されています。

最初のUSBケーブル以来、
クラフトの芸術に重点が置かれてきました。

私たちは、機械と自動化をプロセスから
除外しようとしています。

それは非常に時間のかかるプロセスです。、

私たちはすべてを手作業で
磨き、ねじり、絶縁、コーティング、
塗装、はんだ付けをします。

これが私たちのデザインから
最高の品質を引き出す唯一の方法であると信じています。

WestminsterLab Products (商品はこちら)
詳細は製品写真をクリックしてください


Rei Rei
モノラルパワーアンプ

価格は詳細ページをご覧ください。
Quest Quest
デュアルモノ・フルバランスプリアンプ

価格は詳細ページをご覧ください。
Cables Cable
ケーブル各種

価格は詳細ページをご覧ください。


画像
このページのトップへ