ニュースNews一覧

2022-05-20LUMIN P1がHiVi夏のベストバイ2022で受賞しました
「ネットワークプレーヤー部門:2位」で受賞しております
2022-05-19Stereo Sound OnlineでLUMIN P1でダウンコンバートされずにAmazon Musicのロスレス・ハイレゾを楽しむ方法を紹介した記事が掲載されました
「Fire TV 4K MAXで、ロスレス・ハイレゾを聴く方法がわかった! Amazon Musicアプリの設定でビットパーフェクト伝送が可能に」というタイトルでレポートが掲載されています
2022-05-18無線と実験 2022 06 N0.1192号でダブルウーファーズ会長 永瀬宗重様によるLUMIN X1とSOtM sNH-10Gの記事が掲載されました
「3台のネットワークプレーヤーを使いこなす」というタイトルでレポートされています
2022-05-18無線と実験 2022 06 N0.1192号でダブルウーファーズ内田誠様によるSOtM sNH-10Gの記事が掲載されました
「ネットワークオーディオのインフラに投資すべし」というタイトルでレポートされています
2022-05-17四日市無線様のブログでLUMIN P1, AMP, WestminsterLab Quest, Reiが紹介されました
LUMIN P1, AMPは「後日視聴会しちゃう?と思わせてくれるくらいぶ厚くてパワフルな出音でした。」WestminsterLab Quest, Reiは「これもすごかった!値段もすごかった!!」と紹介されています
2022-05-11オーディオユニオンお茶の水ハイエンド館様でLUMIN M1が期間限定展示されています
「期間限定展示中!MAJIK DSM/4との比較も可能です。試聴希望の方はお問い合わせくださいませ。」と紹介されています
2022-05-09Stereo Sound Onlineで鳥居一豊先生によるLUMIN P1及びWestminsterLab Reiの記事が掲載されました
「ルーミンの音質で、日本向け音楽ストリーミングサービスを楽しみたい。話題のネットワークストリーマー「LUMIN P1」で、「Amazon Music」の再生方法を徹底検証」というタイトルでレポートが掲載されています
2022-05-08AVAC新宿本店様のブログでLUMIN P1, AMPが紹介されました
「LUMIN P1」 の注目は何と言っても、HDMI入出力がある点。自慢の『Leedh Processing Volume Control』は確かに「かなり」変わります。と紹介されています
2022-05-03管球王国 2022 SPRING Vol.104号で傅信幸先生によるLUMIN P1の記事が掲載されました
春の注目 新製品試聴の中で「ネットワーク再生に対応してアナログ入力も搭載。潤いあるスムーズな鳴り方で、音楽を素敵に聴かせる」というタイトルで掲載されています
2022-04-26ネットワークトランスポート LUMIN U2 MINIの先行予約受付を開始致します
DSD512 22.6MHz, PCM768kHz 32bitに対応しました
ホーム > 取扱ブランド > MYSPHERE

MYSPHEREBrands

画像

 

MYSPHERE

オーストリア ウィーンのLB-Acostics社製

画像

画像

新しい素材、
改良されたコンピューターシミュレーション、
心理音響学などの革新的な測定方法、
人工頭部(ヘッド&ボディシミュレーション)、
レーザー振動計等は
音響機器の構築に新しい可能性をもたらしました。

AKG K1000のコンセプト構築と開発を指揮した
Helmut RybackとHeinz Rennerは、
彼らの貴重な経験を究極のヘッドフォンである
MYSPHERE 3の開発に惜しみなく注ぎ込みました。

サウンドフレーム(スピーカー)は
耳の上を浮遊するかのように配置され、
全体の重量は320 gを少し超えるように最適化されています。


すべてのストレスが掛かる外部部品は、
削り出しのアルマイトアルミニウムまたは
ステンレスでできています。
これらの材料は非常に耐久性と耐食性があります。

内部の素材とコネクタは弾性が高く、
腐食に強く、ボディから伝わるノイズを
減衰させるものを採用しています。

耐久性を最優先とした設計をしています。

トランスは、有孔の防滴ファブリックにより、
埃や接触から保護されています。

電気内部配線は完全に対称です。

ケーブルが左側に接続されているか、
右側に接続されているかに関係なく、
正確に同じワイヤ長となっています。

すべてのケーブルおよびワイヤは、
近接効果を回避し、
全体の重量を最小限に抑えるために
軽量に設計されています。

MYSPHERE 3は、
LB-acousticsMessgerateGmbHが
音響および振動測定技術の
コアコンピタンスを適用して開発しました。

オーディオファンのコミュニティの要件を満たすため、
すべての測定は最新の技術基準に従って行いました。

これには、単純な音響測定だけでなく、
機械的振動や心理音響テストも含まれます。
しかし、最終試験はテスト担当者の人間の耳で行われ、
設計コンセプト全体に反映されています。

Products
詳細は製品をクリックしてください

X1 MYSPHERE 3(3.1及び3.2)
ホバーリング・ヘッドフォン

3.1(15Ω)及び3.2(110Ω)
T2 MYSPHERE Cables
ケーブル
T2 MYSPHERE Soundframe-Cussions
クッション


画像
このページのトップへ