ニュースNews一覧

2020-07-28Stereo Sound Onlineで三浦孝仁先生によるSOtM sNH-10G, LUMIN X1の試聴レポートが掲載されました
「LUMIN「X1」とSOtM「sNH-10G」で光ファイバー伝送の効果を試す。LANスイッチが、ネットワークオーディオの音質に大きな影響をもたらすことを改めて実感した」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-07-08LUMINがLeedh Processingロスレスボリュームコントロールに対応しました
デフォルトの処理アルゴリズムの代わりに、Leedh Processing Volume Controlを(追加費用なしで)使用できるようになりました
2020-07-03analog vol.68で小原由夫先生によるStillpoints LPI V2の試聴レポートが掲載されました
「米国からやって来た重量級スタビライザー 巧みな機構設計の絶大な効果」というタイトルで掲載されています
2020-07-03analog vol.68で石原俊先生によるStillpoints ULTRA 5の試聴レポートが掲載されました
「まったく新しい共振アイソレーションシステム 共振を着実に取り除く!」というタイトルで掲載されています
2020-06-28High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
5分間接続して抜いた後の評価が記載されています
2020-06-23Stereo Sound OnlineでDoubleWoofers会長 永瀬宗重さんと土方久明先生によるLUMIN + SOtMユーザー対談が掲載されました
「“今日の音だと、ルーミン「X1」がベストかな” DoubleWoofers’会長、永瀬宗重さんの超弩級オーディオルームで、魂を揺さぶるハイレゾを体験した」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-06-22【LUMIN T2の記事がStereo Sound 2020 SUMMER No.215に掲載されました】
山本浩司先生より「力感に満ちた味わいの濃い音。臨場感に溢れる」と紹介されています
2020-06-18High Fidelity Cables マグネチックウェイブガイド MC-0.5へリックスプラスシグネーチャー(MC-0.5 Helix Plus Signature)を販売致します
高い評価をいただいておりますマグネチックウェイブガイド MC-0.5へリックスプラスの上位バージョンを発売致します
2020-06-17(1000時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
1000時間接続して抜いた後の評価が記載されています
2020-06-13Terra-BerryDAC2/3の設定でDSD5.6のDoP再生が可能になりました
Volumioのバージョンアップ(v2.777)によりDSD5.6のDoP再生が可能になりました。
ホーム > 取扱ブランド > High Fidelity Cables

High Fidelity CablesBrands

画像

アメリカ テキサスから磁気伝導という新しい技術を用いた商品をお届けします



磁気伝導技術概要

使用方法

■Products

詳細は製品をクリックしてください

A1 マグネチックウェイブガイド
(MC-0.5 Helix Plus Signature)

MC-1で確立した技術を応用した
磁気伝導技術応用電源ターミナル

価格は詳細ページを確認ください
A1 マグネチックウェイブガイド
(MC-1 Pro Double Helix Plus Signature)

ダブルヘリックスデザインによる
磁気伝導技術応用電源ターミナル

価格は詳細ページを確認ください
A1 マグネチックウェイブガイド
(MC-1 Pro)

コンデンサーと組み合わせた
磁気伝導技術応用電源ターミナル

価格は詳細ページを確認ください
A1 マグネチックスピーカーケーブルアダプター
(Magnetic Speaker Cable Adapters)

磁気伝導技術応用アダプター

価格は詳細ページを確認ください
A1 マグネチックウェイブガイド
(MC-0.5 Helix +)

Helixテクノロジーによる電源ターミナル

価格は詳細ページを確認ください
X1 トリニティ ゴー
(Trinity-Go)

ヘッドフォン・イヤホン用
音質改善デバイス

39,800円(税抜き)
S1 リベール(Reveal)シリーズ
(Reveal Cables)

磁気伝導技術応用ケーブル

価格は詳細ページを確認ください
U1 マグネチックアダプターリニューアル
(Magnetic Adapters Renewal)

磁気伝導技術応用ケーブルコネクター

価格は詳細ページを確認ください
A1 マグネチックウェイブガイド
(MC-0.5 Magnetic Wave Guide)

磁気伝導技術応用電源ターミナル

価格は詳細ページを確認ください
A1 マグネチックアンプ
(MA-1 Magnetic Amplifier)

マグネチックアンプ

価格は詳細ページを確認ください

■評論家評価の紹介

◇Magnetic Wave Guide (MC-0.5, MC-0.5 Helix +)

Stereo Sound Onlineで土方久明先生による
MC-0.5 Helix +の試聴レポートが掲載されました
【New !】
記事タイトルは
「“一聴して音が濃い!”
High Fidelity Cablesの電源アクセサリー
「MC-0.5」と「MC-0.5 Helix +」を試して、
音がよくなっていく過程をじっくり味わった」
になります。

「この「小さなボディ」にいろんな可能性を見てしまう、
MC-0.5 Helix +とMC-0.5は実に遊べる
エポックメイキングなアクセサリーである。
オーディオ専門店での評価も高く、
Web上でも大きく音が変わったという
ユーザーの意見が多く見られている。」
と評価されています。



■販売店評価の紹介

◇Reveal(リベール)シリーズ

Reveal(リベール)シリーズが
オークラオーディオ様のブログで紹介されました

「一言で言うならリベールシリーズが秋の日本晴れなら
従来のケーブルは梅雨の曇り空となりますか。
おそらく聴いた者にだけ伝わるであろう
驚愕的なほどにナチュラルで超新鮮な音でした。」
と紹介されています。

Reveal(リベール)シリーズが
スイングオーディオ様のfacebookで紹介されました

「最初から必要にして充分な再生クオリティで驚かされました。
非常にクリアかつ、パンチのある音質で
今後も評判になりそうです。」
と紹介されています。

Reveal(リベール)シリーズが
オークラオーディオ様のブログで紹介されました

「今回試聴したのはRCAケーブルとスピーカーケーブルですが
どちらも付帯音を感じさせないことでは
過去に経験の無いくらい爽やかで
歪のない音を聞いた気がします。」
と紹介されています。


Reveal(リベール)シリーズが
オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様の
ブログで紹介されました

「価格競争力はかなりのものだと思います。
だって、繋いだ直後でこの効果ですからね(^^;)。
同社製品はすべて、数百時間を経過しないと
本領を発揮しないのです。
ブレークインが完了したらどれだけ凄いことになるか。」
と紹介されています。

◇Magnetic Adapters

Magnetic Adaptersが
OTAI AUDIO様のブログで紹介されました

「オタイオーディオの試聴室にある
アキュフェーズ系のシステムに組み合わせてみると
(CDプレーヤーとプリの間に組み込みました)効果は覿面で、
音の輪郭がしっかりと現れ、粒立ちが大変良くなります。
鮮度も若干上がっているように感じられ、
ホールでの残響音も澄み切って綺麗に聴こえました。
ケーブルを買い替える前に、是非とも試してほしい一品です。」
と紹介されています。


Magnetic Adaptersが
オークラオーディオ様のブログで紹介されました

「とにかく音の鮮度が格段に向上し
余韻がまこともって綺麗に聞こえます。」
と紹介されています。

High Fidelity Cables製品が
エスアイエス様の試聴リポートで紹介されました

「その音質は極めてニュートラルで情報量が多く、
驚くほど音のフォーカスが合っていて安定感があります。
また、レンジが広く音の奥行き感や陰影、抑揚が
しっかりと描写されます。
これは非常に良いケーブルだと思います。」
と紹介されています。

Magnetic Adaptersがダイナミックオーディオ5555(4F)
H.A.L.Ⅲ様の試聴リポートで紹介されました

「一聴してその違いに驚きました。
その違いは圧倒的なスケール感アップと
高さ表現能力の高さです」
と紹介されています。

Magnetic Adaptersが
オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様の
ブログで紹介されました


「このMagnetic Adaptersを装着した途端、
楽器の間に前後左右上下の距離が生じ、
ホールの空間の広さが立ち現れます。
音像が立体的になり、
楽音の解像度も上がってしまいました。」
と紹介されています。

Magnetic Adaptersがサウンドエース様のブログで紹介されました

「音の変化としてはかなりありまして全体的にタイトな音になりました。
高域もハッキリと粒だってスッキリした音でした」
と紹介されています。

YouTubeによる試聴動画も用意されています。


◇Magnetic Wave Guide

サウンドエース様のブログでMC-0.5 Helix +が紹介されました。
「音の感じはやっぱりすごく変化します・・・

演奏に高さや奥行きも更に表現されました・・・

ヴォーカルもメリハリあるのに艶っぽくて非常に気持ちよく鳴ってくれます・・・

好みもあると思いますが・・・

期待していただいて良いかと思います・・・」
と紹介されています。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で
試聴レポートが掲載されました

電源フィルターでさえも効果が出るのか確かめるように
MC-0.5とMC-0.5 Helix +をISOTEKに挿して比較試聴をされています。
「HELIX+ はこれらの効果をたった5分のブレークインでかなり実感できるのです。 」
と紹介されています。

SUBLIME(サブライム)様のブログで紹介されました。
「音像が明確になり、高域の滑らかさが向上します。
外して試聴し直した時の差にさらにビックリしました。
返せなくなりそうです。」
と紹介されています。

オーディオコア様のブログで紹介されました。
「実際に使ってみた結果は音のザラつきがなくなり透明感のある音質に変わりました。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(ええ~っ)
マグネチックウェイブガイドの2個目を装着し
1000Hを超えて外した場合の音質の違いについて
「装着直後の効果は控えめで少しづつ熟成が進むため
デモンストレーション的効果は少ないのですが、
知らずしらずのうちに音は大きく進化していたことを
取り外した時に思い知らされます。
このアクセサリーは本物です。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(音質向上の確認)
Magnetic Wave Guideを1000Hを待たず、外してその効果を確認した場合の
音質の違いについて紹介されています。

Magnetic Wave Guideがオーディオコア様のブログで紹介されました
「音のザラつきがなくなり透明感のある音質に変わりました」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(比較)
Magnetic Wave Guideを使った場合と使わなかった場合の
CDリッピング音質の違いについて紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(相乗効果)
Magnetic Wave Guideの複数使用、電源フィルターとの併用、Magnetic Adaptersの併用
について紹介されています。

High Fidelity Cables製品がエスアイエス様の試聴リポートで紹介されました
「一聴して激変しているのがわかります。S/N感の向上や
ハリと厚みのあるサウンドへの変化をお求めでしたらお薦めです。」
と紹介されています。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様でMagnetic Wave Guideの試聴レポートが掲載されました。
「これは素晴らしい・・
一音一音のエネルギー感が増大。
全帯域にわたって密度感、立体感が向上。
どの盤を聴いてもなぜか楽しい笑。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(約1000H後 + 増設) 
「2個の使用は1個時の数倍の効果が出ているのではとさえ思える変化を体験しています。」
と紹介されています。


オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(500H後)
「電源の品質を高めることにより綿密な描写と音楽性が間違いなく向上しています。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(360H後)
「しばらく音を出していなかったのですが確実に音が変化しています。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。
「綿密で弾力のある音質の熟成が少しづつ進んでいるようです。」
と紹介されています。

サウンドエース様のブログで紹介されました。
「細部まで音がしっかり認識できると言うか
派手に音の傾向が変わるとかじゃなくて
細かい所でひとつひとつしっかり音が改善している。」
と紹介されています。


◇エンハンスドXLRケーブル(Enhanced XLR Interconnects)

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで
High Fidelity CablesのエンハンスドXLRケーブルが紹介されました

「このように「容易に」空間情報を聴き取れるケーブルは、あまり知らないです。」
と紹介されています。

◇アルティメットRCAケーブル(Ultimate RCA Interconnects)

サウンドエース様のブログで
High Fidelity CablesのエンハンスドXLRケーブルと
アルティメットRCAケーブルが紹介されました

「パンチの効いた生々しい(XLR)、音に奥行があって澄んでいる(RCA)」
と紹介されています。

High Fidelity Cables製品がエスアイエス様の試聴リポートで紹介されました
「その音質は極めてニュートラルで情報量が多く、
驚くほど音のフォーカスが合っていて安定感があります。
また、レンジが広く音の奥行き感や陰影、抑揚が
しっかりと描写されます。
これは非常に良いケーブルだと思います。」
と紹介されています。

◇エンハンスドスピーカーケーブル(Enhanced Speaker Cables)

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで
High Fidelity Cablesのエンハンスドスピーカーケーブルが紹介されました

「オーディオ的なクオリティだけを、はっきりと判るレベルまで引き上げてくれる。
この変化を好ましく思わないオーディオファイルの方はいらっしゃらないと思います。」
と紹介されています。


◇アルティメットフォノケーブル(Ultimate Phono Cables)

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで
High Fidelity Cablesのアルティメットフォノケーブルが紹介されました

「立体感と実在感が増すのは 今まで試聴してきた
High Fidelity Cablesのアダプターやスピーカーケーブル等と同じなのですが、
フォノケーブルだからでしょうか、
アナログ特有の空間の前後と、
人間の声の生々しさが、
際立つようになりました。。」
と紹介されています。

画像
このページのトップへ