ニュースNews一覧

2020-06-03別冊ステレオサウンド「ハイレゾの教科書」でLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gが掲載されました
「圧倒的進化を遂げたルーミンの旗艦機。音楽の感動をエモーショナルに描き切る」と紹介されています
2020-06-01Stillpoints インシュレーター『LPI V2』がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
LPIのニューバージョンになります。他社の3製品と比較した評価を掲載されています
2020-05-30(600時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
最終報告後に新規に挿し直して、600時間接続した後の評価が記載されています
2020-05-26(モノラル盤再生2)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
3枚のモノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-22(モノラル盤再生)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
モノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-21【High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signature及びMC-1 Proの記事がAudio Accessory誌177号に掲載されました】
福田雅光先生より「一度効果を実感すると手放せなくなる魅力。セッティングに熱心にトライした人が、ご褒美として検討するような製品ではないのか」と紹介されています
2020-05-20Stereo Sound Onlineで和田博巳先生によるLUMIN T2の試聴レポートが掲載されました
「ルーミン「T2」で、ハイレゾファイル再生やアップコンバート機能を試す。フラッグシップの性能を受け継ぎつつ、様々な使い方で楽しめる魅力たっぷりのハイエンド・オーディオ製品だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-05-18土方久明先生のFacebookでLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gの試聴結果を掲載いただきました
「噂には聞いてたけど凄い音だった。分解能、ノイズフロア、フォーカスの合い方など、2Fの音が次の次元に上がった。」と掲載されています
2020-05-13Stillpoints インシュレーター『 ULTRA 5 』がサウンドエース様のブログで紹介されました
「音の分離感が良く、重なり合っていた音がはっきりしました。女性ボーカルは臨場感が増し、より鮮明に見えるようでしたね。」と評価されています。
2020-05-12High Fidelity CablesのReveal電源ケーブルがサウンドエース様のブログで紹介されました
「まずは定位と音の明瞭感が心地よいです。聴いている空間が一段とより広がるようでした。」と評価されています。
ホーム > 取扱ブランド > Audio Physic

Audio PhysicBrands

画像

日本では"Brilon"(ブリロン)というブックシェルフスピーカーで人気を博したメーカーです。

現在は30年の歴史をもつ大手メーカーに成長し、
”No Loss of Fine Detail”の名のもとに全18モデルものスピーカーを生産しています。

創立は1985年で牧歌的な田風景が広がるドイツ北部 ブリロンに本拠を構えています。
天才技術者であるヨアヒム・ゲルハルト等によって設立されましたが、
やがて彼は健康上の理由で退社しました。
1933年からはマンフレッド・ディスターティッヒ(現在の開発責任者)によって引き継がれています。
彼こそ米国のオーディオ専門誌ステレオファイルで、「ハイテク・ハンド」と称された人物です。

”No Loss of Fine Detail”の名の通り、
どのような細かいディテールであっても音楽性を持って描ききるその能力は、
ハイレゾのような高解像度の音源も空気感を余すところなく伝えます。

ヨアヒム・ゲルハルトと作り上げたブックシェルフスピーカー"Brilon"(ブリロン)で培った技術を
7度傾斜角のエンクロージャー等で引継ぎ、
さらに特殊スピーカーユニットの開発等の最先端技術を用いて
あくまで演奏者の生の音を忠実に再現するスピーカーに仕上げています。

多くのメーカーは”トップモデルこそ最高のサウンド”という展開をしていますが、
私達はそうではありません。
オーディオファイルの皆様が実際に使用されて いるお部屋は実にさまざまな広さがあります。
お部屋に合わせたクラスを用意し、そのクラスの中でベストな音楽を鳴らす。
シンプルですが、これがオーディオ フィジックのポリシーです。

独HighEnd Showで行われたAudio Physic(オーディオフィジック)のインタビューがPhieWebに掲載されました


■High End(ハイエンド スピーカー)
ハイエンドの音を追求したシリーズ
Step Plus+【New】ブックシェルフ
Tempo Plus+【New】フロアスタンディング

■Reference(リファレンス スピーカー)
Audio Physicのリファレンスとなるモデルを配したシリーズ
Virgo25 Plus+  フロアスタンディング
Avantera Plus+ フロアスタンディング
Cardeas Plus+ フロアスタンディング
Cardeas30 LJE フロアスタンディング

Audio Physic は、ドイツ STEREO誌において、
2011年度最優秀オーディオスピーカメーカー(PREMIUM Manufacture) に選ばれました。

画像
このページのトップへ