ニュースNews一覧

2021-05-05Synergistic Research HFTがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
実施が楽なチューニング材としてお勧め出来ますと紹介されています
2021-04-28Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でSynergistic Research HFT Xの試聴レポートが掲載されました
「Synergistic Research HFT Xを使ってルームチューニングをテスト~分解能の向上~」というタイトルで掲載されています
2021-04-27Stereo Sound Onlineで潮晴男先生によるWestminsterLabケーブルの試聴レポートが掲載されました
「ウェストミンスターラボのハイエンドケーブルは、新しく壮大なオーディオの世界を拓いてくれる。我と思わん強者は、ぜひその使いこなしに挑戦して欲しい」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-04-25Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でシアタールームでのSynergistic Research HFT 2.0の試聴レポートが掲載されました
「Synergistic Research HFT 2.0を使ってルームチューニングをテスト~ややウォームな音色~」というタイトルで掲載されています
2021-04-20Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でシアタールームでのSynergistic Research HFT Standardの試聴レポートが掲載されました
「我が家の場合はHFT Standardを壁に取り付けてやると、その取り付けた場所に音場が拡張されるような感覚を覚えることが多く、吸音というよりは拡張という感覚がぴったりはまります。これはオーディオルームでもシアタールームでも同じ感覚でした。」と評価されています
2021-04-15ダイナミックオーディオ 7F 【H.A.L's Brief News】でWestminsterLab製品の試聴レポートが掲載されました
ダイナミックオーディオ 7F 川又店長より「「この私の心が揺さぶられるほどの感動で一目惚れした新製品とは何か!?」 それほど大げさに言わなくても…、いや! 私の心境としては更に大きな声で言いたいのです!」と紹介されています
2021-04-10Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でSynergistic Research HFT Standardの試聴レポートが掲載されました
「こんなに小さいのに結構変わる!」と評価されています
2021-04-09holbo リニアトラッキングターンテーブルがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
「機器よりもholbo Airbearing turntableの特徴が音に現れた試聴でしたね」と紹介されています
2021-03-25【Double Woofers' ナゾ男の暗い低音は好きじゃない!】ブログでWestminsterLab「Quest」&「Rei」の試聴レポートが掲載されました
「フランスのDevialetを聴いた時にも、見かけによらないパワーが出て驚かされましたが、このReiも同様で、最近の回路技術の進歩を見せつけられた次第です。」と評価されています
2021-03-21【WestminsterLab Questの記事がStereo Sound 2021 SPRING No.218に掲載されました】
三浦孝仁先生より「音調バランスも含めて実力の高さを感じさせる。純正組み合わせの音を聴いてみたい、注目すべきプリアンプである。」と紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > Audio Physic

Audio PhysicBrands

画像

日本では"Brilon"(ブリロン)というブックシェルフスピーカーで人気を博したメーカーです。

現在は30年の歴史をもつ大手メーカーに成長し、
”No Loss of Fine Detail”の名のもとに全18モデルものスピーカーを生産しています。

創立は1985年で牧歌的な田風景が広がるドイツ北部 ブリロンに本拠を構えています。
天才技術者であるヨアヒム・ゲルハルト等によって設立されましたが、
やがて彼は健康上の理由で退社しました。
1933年からはマンフレッド・ディスターティッヒ(現在の開発責任者)によって引き継がれています。
彼こそ米国のオーディオ専門誌ステレオファイルで、「ハイテク・ハンド」と称された人物です。

”No Loss of Fine Detail”の名の通り、
どのような細かいディテールであっても音楽性を持って描ききるその能力は、
ハイレゾのような高解像度の音源も空気感を余すところなく伝えます。

ヨアヒム・ゲルハルトと作り上げたブックシェルフスピーカー"Brilon"(ブリロン)で培った技術を
7度傾斜角のエンクロージャー等で引継ぎ、
さらに特殊スピーカーユニットの開発等の最先端技術を用いて
あくまで演奏者の生の音を忠実に再現するスピーカーに仕上げています。

多くのメーカーは”トップモデルこそ最高のサウンド”という展開をしていますが、
私達はそうではありません。
オーディオファイルの皆様が実際に使用されて いるお部屋は実にさまざまな広さがあります。
お部屋に合わせたクラスを用意し、そのクラスの中でベストな音楽を鳴らす。
シンプルですが、これがオーディオ フィジックのポリシーです。

独HighEnd Showで行われたAudio Physic(オーディオフィジック)のインタビューがPhieWebに掲載されました


■High End(ハイエンド スピーカー)
ハイエンドの音を追求したシリーズ
Step Plus+【New】ブックシェルフ
Tempo Plus+【New】フロアスタンディング

■Reference(リファレンス スピーカー)
Audio Physicのリファレンスとなるモデルを配したシリーズ
Virgo25 Plus+  フロアスタンディング
Avantera Plus+ フロアスタンディング
Cardeas Plus+ フロアスタンディング
Cardeas30 LJE フロアスタンディング

Audio Physic は、ドイツ STEREO誌において、
2011年度最優秀オーディオスピーカメーカー(PREMIUM Manufacture) に選ばれました。

画像
このページのトップへ