ニュースNews一覧

2017-04-28「Terra-Berry 2」DACの販売予約受付を開始致します
好評いただいた「Terra-Berry」DACの後継機としてBrighToneブランドより「Terra-Berry 2」DAC を販売致します。また4/29(土)、4/30(日)に中野サンプラザで開催される春のヘッドフォン祭り2017においてバリュートレード様のブース(14F)で展示致します。
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第二回「デジ研」の予告が掲載されました
「若手精鋭の逆木先生(29日)、土方先生(30日)に詳しく説明をしていただきます。まだあまりやられていない方もいろいろ研究中の方も、またバリバリにこなしている方も是非おいでください。きっと何かのお役に立てると思っております。」と紹介されています
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第一回「デジ研」のレポートが掲載されました
当日の裏話まで色々と掲載されています。
2017-04-21オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(リベールシリーズ再試聴中)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて「ケーブルでこれだけの変化を体験するのは正直初めてで、しばらく聴いて従来のケーブルに戻した時の落胆感はすでに想定していますが、市場で展開されている超高価ハイエンドケーブルをそれらの1/20以上の低価格で超えたと言われるケーブルですからこの絶好のチャンスにしっかり聴き込んでみようと思います。」と紹介されています。
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第三回「デジ研」の予告が掲載されました
「今回は北陸オーディオショウにおじゃまします。2日間めいっぱいやりますのでご期待ください。」と紹介されています。
2017-04-16第三回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
5月6日(土) 5月7日(日)富山国際会議場2階 応接室で第三回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
2017-04-16第二回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
4月29日(土) 4月30日(日)中野サンプラザ6階ウインドルームで第二回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
2017-04-11スイングオーディオ様のfacebookで紹介されました。(Revealシリーズ)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて、「最初から必要にして充分な再生クオリティで驚かされました。非常にクリアかつ、パンチのある音質で今後も評判になりそうです。」と紹介されています。
2017-04-03オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(新シリーズ登場)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて、「今回試聴したのはRCAケーブルとスピーカーケーブルですがどちらも付帯音を感じさせないことでは過去に経験の無いくらい爽やかで歪のない音を聞いた気がします。」と紹介されています。
2017-03-24High Fidelity CablesのReveal(リベール)シリーズがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「価格競争力はかなりのものだと思います。だって、繋いだ直後でこの効果ですからね(^^;)。同社製品はすべて、数百時間を経過しないと本領を発揮しないのです。ブレークインが完了したらどれだけ凄いことになるか。」と紹介されています。
ホーム > 取扱ブランド > Audio Physic

Audio PhysicBrands

画像

日本では"Brilon"(ブリロン)というブックシェルフスピーカーで人気を博したメーカーです。

現在は30年の歴史をもつ大手メーカーに成長し、
”No Loss of Fine Detail”の名のもとに全18モデルものスピーカーを生産しています。

創立は1985年で牧歌的な田風景が広がるドイツ北部 ブリロンに本拠を構えています。
天才技術者であるヨアヒム・ゲルハルト等によって設立されましたが、
やがて彼は健康上の理由で退社しました。
1933年からはマンフレッド・ディスターティッヒ(現在の開発責任者)によって引き継がれています。
彼こそ米国のオーディオ専門誌ステレオファイルで、「ハイテク・ハンド」と称された人物です。

”No Loss of Fine Detail”の名の通り、
どのような細かいディテールであっても音楽性を持って描ききるその能力は、
ハイレゾのような高解像度の音源も空気感を余すところなく伝えます。

ヨアヒム・ゲルハルトと作り上げたブックシェルフスピーカー"Brilon"(ブリロン)で培った技術を
7度傾斜角のエンクロージャー等で引継ぎ、
さらに特殊スピーカーユニットの開発等の最先端技術を用いて
あくまで演奏者の生の音を忠実に再現するスピーカーに仕上げています。

多くのメーカーは”トップモデルこそ最高のサウンド”という展開をしていますが、
私達はそうではありません。
オーディオファイルの皆様が実際に使用されて いるお部屋は実にさまざまな広さがあります。
お部屋に合わせたクラスを用意し、そのクラスの中でベストな音楽を鳴らす。
シンプルですが、これがオーディオ フィジックのポリシーです。

独HighEnd Showで行われたAudio Physic(オーディオフィジック)のインタビューがPhieWebに掲載されました


■High End(ハイエンド スピーカー)
ハイエンドの音を追求したシリーズ
Step Plus+【New】ブックシェルフ
Tempo Plus+【New】フロアスタンディング

■Reference(リファレンス スピーカー)
Audio Physicのリファレンスとなるモデルを配したシリーズ
Virgo25 Plus+  フロアスタンディング
Avantera Plus+ フロアスタンディング
Cardeas Plus+ フロアスタンディング
Cardeas30 LJE フロアスタンディング

Audio Physic は、ドイツ STEREO誌において、
2011年度最優秀オーディオスピーカメーカー(PREMIUM Manufacture) に選ばれました。

画像
このページのトップへ