ニュースNews一覧

2024-05-29DynamicAudio 5555 H.A.L.3様でEversolo DMP-A8の試聴レポートが掲載されました
「Eversolo DMP-A8 期間限定展示」というタイトルで掲載されています
2024-05-28アバック横浜様でEversolo DMP-A8の試聴レポートが掲載されました
「Eversolo DMP-A8。多目的で柔軟なシステムと接続システム、そしてAKサウンド。AppleMusicまで対応した魅力いっぱいなストリーマーです。」というタイトルで掲載されています
2024-05-27NAZO STAT Version 2試聴会レポート 後半が掲載されました
SOtMフォノイコライザー中心に掲載されています
2024-05-26ダブルウーファーズ会長 故永瀬宗重氏開発による レコードスタビライザー NAZO STAT Version 2試聴会レポートが掲載されました
講師は炭山アキラ先生となります。SOtMフォノイコライザーも登場しました
2024-05-23オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館で NAZO STAT Version 2試聴会を行います
講師は炭山アキラ先生となります。SOtMフォノイコライザーも登場します
2024-05-11アバック横浜でEversolo DMP-A8を試聴できます
5月13日までになります
2024-05-025月14日までダイナミックオーディオ5555様 4FでEversolo DMP-A8を試聴できます
是非おいでください
2024-04-30Eversolo DAC-Z8 春のキャンペーン
2024年6月末までとなります
2024-04-29Philewebで園田洋世先生によるEversolo DMP-A8の試聴レポートが掲載されました
「Apple Musicも聴ける高コスパ ネットワークプレーヤーeversolo「DMP-A8」。音質と使いこなしを徹底検証」というタイトルでレポートが掲載されています
2024-04-27AUDIO RENAISSANCEでEversolo DMP-A8の試聴レポートが掲載されました
「【レビュー・暫定版】Eversolo DMP-A8」というタイトルでレポートが掲載されています
ホーム > ニュース > 【そして LUMIN U1X を聴いてしまう・・②】というタイトルで「オーディオ探究」のブログに掲載されました

【そして LUMIN U1X を聴いてしまう・・②】というタイトルで「オーディオ探究」のブログに掲載されましたNews

画像

【そして LUMIN U1X を聴いてしまう・・②】
というタイトルで
「オーディオ探究」のブログに掲載されました

優秀録音音源を複数使って評価されています

「が、X1 で聴いたこのアルバムは違った(^^;)。
ノラ・ジョーンズのヴォーカルを構成する
音の成分の数が桁違いに増えたんです。
そして音像が俄然生気を帯び、立体的になり、
どちらかというと閉塞感があった
録音空間には換気したかのように
新鮮な空気が入ってきて、
ギターの胴鳴りも
解像度を増して精緻に描かれ・・。

なるほど、このアルバムは録音の
優秀さを引き出すのが難しいという意味で
オーディオファイル向けと言えるのでしょうね笑。

で、他にも沢山のアルバムを聴いて
私は X1 に惚れ込んだわけですが、
U1X をネットワーク・トランスポート、
Marantz SA-10 をDACとして
同じアルバムを聴いてみると・・

さすが U1X 、X1直系。

X1 に肉迫と言っていい音を奏でてくれました。。
ヴォーカルの音成分の数が
X1 より若干少ないんですが、
立体感・空気感は限りなく近い。。

Michele Rabbia の “Lost River” は
その点、元々いかにも優秀録音!
というアルバムですが、

色んな音が色んな方向から
行ったり来たりする様が
オーディオ的に実に面白い。

同じく優秀録音の
タン・ドゥン “Symphony 1997” も凄い。。
沢山の鐘の音が密度感・
実在感共に極めて高く描かれる。
感情を抑えた少年合唱に
逆に感情が揺さぶられているところに
構わず不協和音気味に介入してくる鐘の音が、
聴き手の涙腺に崩壊する
きっかけを与えようとしているかのようで
なんとなくあざとくて聴くたび
いつもムカッとしているのだけど、
今日はいいや素直に泣いちゃえと思えてしまう。」

と評価されています

オーディオ探究のブログはこちら

LUMIN U1Xはこちら

このページのトップへ