ニュースNews一覧

2022-06-23四日市ムセン様で「LUMINストリーミング・ネットワークオーディオ試聴会」を開催致します
試聴会は7月16日~17日に行います。機材は7月11日~24日まで展示致します
2022-06-22ダイナミックオーディオ5555 7Fで世界初の音楽リスニングチェア GamuT Hi-Fi Lobster Chairが期間限定展示されています
展示は2022年7月4日までになります
2022-06-20HiVi 2022年7月号で潮晴男先生によるLUMIN P1, AMPの記事が掲載されました
「HDMI&高音質ストリーミング実践編 多機能でありながら手抜きなし。腰の座った音が魅力の逸品コンビ」というタイトルでレポートが掲載されています
2022-06-17オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様でLUMIN M1が期間限定展示されています
「期間限定展示中!MAJIK DSM/4との比較も可能です。試聴希望の方はお問い合わせくださいませ。」と紹介されています
2022-06-16MYSPHERE製品の価格改定を致します
全モデルが対象となります
2022-06-15Audio Legendsに土方久明先生のインタビュー動画が掲載されました
OTOTENブライトーンブースの講演直後のインタビューになります
2022-06-14Stereo Sound Onlineで藤原陽祐先生によるLUMIN M1の記事が掲載されました
「明瞭度の高い音と使いやすさが魅力のネットワーク対応本格プリメイン LUMIN 「M1」【スマホで始めるオーディオ&ネット動画】」というタイトルでレポートが掲載されています
2022-06-12OTOTEN ご来場ありがとうございました。
今回のブースにお越しいただいた皆さまありがとうございました
2022-06-11本日、明日 OTOTEN 2022に出展します
部屋はG608になります
2022-06-09【LUMIN P1の記事がStereo Sound 2022 SUMMER No.223に掲載されました】
山本浩司先生により「ルーミン初のプリアンプは、ネットワーク再生機能を充実させたマルチパーパス機 エネルギーバランスの整った、聴き馴染みのよいサウンド」というタイトルで紹介されています
ホーム > ニュース > 吉田苑様のブログでSOtM sMS-200ultra Neo スペシャルエディションの試聴レポートが掲載されました

吉田苑様のブログでSOtM sMS-200ultra Neo スペシャルエディションの試聴レポートが掲載されましたNews

画像

吉田苑様のブログで
SOtM sMS-200ultra Neo
スペシャルエディションの
試聴レポートが掲載されました。

銀線仕様と銅線仕様の両モデルを試聴されています。

・銅線モデル
オリジナルモデルを
そのままクオリティアップしたイメージです。

オリジナルモデルと比較して
S/N比が向上し、解像度が上がります。

そして、一番大きく変化するのが
エネルギー密度の向上です。

音の粒子に込められるエネルギーが
上がるイメージで、実体感が向上します。

データ再生とレコード再生の
大きな違いの一つに、
データ再生はエネルギー再現性が弱い
という点がありますが
そのエネルギー再現性が向上するのは、
データ再生の弱点克服に繋がり
リアリティ向上に大きく貢献します。

・銀線モデル
オリジナルモデルや銅線モデルとは違い、
ゴージャスかつエネルギッシュなサウンドとなります。

エネルギー密度の向上は銅線モデルと同様ですが、
良くも悪くも直球勝負な銅線モデルと違い
ふくよかさと、
豪華さが追加され
オーディオ的な快感に
浸れるモデルとなりました。

どちらにするかは悩ましいですが、
楽器の音を正確に再現したい場合は
「銅線モデル」を
オーディオ的な快感を追求する場合は
「銀線モデル」がおすすめです。

と紹介されています。

吉田苑様のブログはこちら

sMS-200ultra Neoはこちら

画像
このページのトップへ