ニュースNews一覧

2024-04-02Eversolo DMP-A8 春のキャンペーン
2024年5月末までとなります
2024-03-29オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館でオミクロン TUNE-UP 試聴会を行います
電源差込アクセサリーの上に載せることでさらなる効果を引き出す使い方のデモを行います
2024-03-23Stereo Sound ONLINEで鳥居一豊先生によるZMFとSOtMの試聴レポートが掲載されました
ZMF Aeolus LTD スタビライズ仕様とSOtM sHP-100を試聴されています
2024-03-22SOtM sNH-10G スイッチングハブ 春のキャンペーン
販売店より再開要望をいただいているスペシャルエディションサービスキャンペーンを2024年5月末まで行います
2024-03-21ハイファイ堂 越濱様のFacebookでNAZO STAT Version2の試聴コメントが掲載されました
「スタッフと10回以上乗せたり降ろしたり。なんとこのツノの有無が一番効き目がありました。ツノを付けると明らかにヌケが良くなる。空間がズバッと開く感じ。理屈はわかりません。正に「ナゾ」です笑」と評価されています
2024-03-20HiVi 2024春号で鳥居一豊先生による「映画は音だ!」の特集でZMFとSOtMの試聴レポートが掲載されました
ZMF Aeolus LTD スタビライズ仕様とSOtM sHP-100を試聴されています
2024-03-19HiVi 2024春号で潮晴男先生による注目ブランド研究第3回SOtMの記事が掲載されました
sPQ-100PSを試聴されています
2024-03-15PhilewebでNAZO STAT Version2の記事が掲載されました
炭山アキラ先生より「さらに除電効果を高めた「NAZO STAT Version2」。大型カートリッジでも使用可能」というタイトルで紹介されています
2024-03-12Stereo Sound Onlineで山之内正先生によるEversolo DMP-A8の試聴レポートが掲載されました
「新ブランド「Eversolo」のネットワークプレーヤー「DMP-A8」が日本デビューを果たす! 音質と機能の両面で期待を大きく上回る、大型新人の登場だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2024-03-06Eversolo DMP-A8の取り扱いを開始致します
DMP-A8はAndroid OSを使ったミュージックストリーマーです
ホーム > ニュース > 吉田苑様のブログでSOtM sMS-200ultra Neo スペシャルエディションの試聴レポートが掲載されました

吉田苑様のブログでSOtM sMS-200ultra Neo スペシャルエディションの試聴レポートが掲載されましたNews

画像

吉田苑様のブログで
SOtM sMS-200ultra Neo
スペシャルエディションの
試聴レポートが掲載されました。

銀線仕様と銅線仕様の両モデルを試聴されています。

・銅線モデル
オリジナルモデルを
そのままクオリティアップしたイメージです。

オリジナルモデルと比較して
S/N比が向上し、解像度が上がります。

そして、一番大きく変化するのが
エネルギー密度の向上です。

音の粒子に込められるエネルギーが
上がるイメージで、実体感が向上します。

データ再生とレコード再生の
大きな違いの一つに、
データ再生はエネルギー再現性が弱い
という点がありますが
そのエネルギー再現性が向上するのは、
データ再生の弱点克服に繋がり
リアリティ向上に大きく貢献します。

・銀線モデル
オリジナルモデルや銅線モデルとは違い、
ゴージャスかつエネルギッシュなサウンドとなります。

エネルギー密度の向上は銅線モデルと同様ですが、
良くも悪くも直球勝負な銅線モデルと違い
ふくよかさと、
豪華さが追加され
オーディオ的な快感に
浸れるモデルとなりました。

どちらにするかは悩ましいですが、
楽器の音を正確に再現したい場合は
「銅線モデル」を
オーディオ的な快感を追求する場合は
「銀線モデル」がおすすめです。

と紹介されています。

吉田苑様のブログはこちら

sMS-200ultra Neoはこちら

画像
このページのトップへ