ニュースNews一覧

2021-03-03オーディオ実験室でSynergistic Research HFTが紹介されました
「米 SYNERGISTIC RESEARCH 社のルームチューニンググッズ、 HFT シリーズを試してみました。こんなにちっちゃくて本当に効くんだろうか??」と紹介されています
2021-02-26Westminster Lab Cablesがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
ULTRAシリーズ、STANDARDシリーズの両方について試聴されています
2021-02-24園田様のオーディオ実験室でMYSPHERE ヘッドホンが紹介されました
音質だけでなく、スピーカーやクッションの交換、脱着についても説明されています。
2021-02-20Synergistic Researchの新しい音響調整アクセサリー HFTを販売致します
壁やスピーカーに貼り付けるだけで部屋で反射した倍音の歪みを取り、音質を改善するアクセサリーです
2021-02-18Stillpointsの新インシュレーター ULTRA SS V2を販売致します
好評をいただいておりますULTRA SSが、バージョンアップしてULTRASS V2となりました
2021-02-17園田様のオーディオ動画がYoutubeで配信開始されました。
オーディオ実験室と題してMC-0.5とMC-1 Proについて説明されています
2021-02-08住所の施設名が変更になりました
早稲田大学アントレプレナーシップセンターに変更となります
2021-02-02WestminsterLabのケーブル ULTLAシリーズと STANDERDシリーズを販売致します
ロンドンで設立されたWestminsterLabのケーブルです。LUMINのDCケーブルロンドンで設立されたWestminsterLabのケーブルです。LUMINのDCケーブルも製作しています
2021-01-27Stereo Sound Onlineで山本浩司先生によるWestminsterLab「Quest」の試聴レポートが掲載されました
「WestminsterLab「Quest」の音に心奪われた。2021年のハイエンドオーディオ界を彩る、おそるべき実力を備えたプリアンプの登場だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-01-24High Fidelity Cables:MC シリーズ解説~その7~がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
MC-0.5 について説明されています
ホーム > ニュース > LUMINがLeedh Processingロスレスボリュームコントロールに対応しました

LUMINがLeedh Processingロスレスボリュームコントロールに対応しましたNews

画像

デフォルトの処理アルゴリズムの代わりに
Leedh Processing Volume Controlを
(追加費用なしで)
使用できるようになりました。

Leedh Processingとは

・丸め誤差を排除する革新的な
 新しいデジタル音量調整アルゴリズムです。

・デジタル信号の振幅を正確に変更します。
 その形状を変更することなく、
 いかなる種類の情報損失もありません。

・より効率的な整数ボリューム値を使用して、
 後続のDAC変換中でもオーディオ情報の整合性を維持します。

・処理能力を多く必要としないため、
 CPUに負担がかかりません。
 プリアンプがなくても音楽を楽しめます。


特徴と使用方法はこちら

画像
このページのトップへ