ニュースNews一覧

2021-05-05Synergistic Research HFTがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
実施が楽なチューニング材としてお勧め出来ますと紹介されています
2021-04-28Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でSynergistic Research HFT Xの試聴レポートが掲載されました
「Synergistic Research HFT Xを使ってルームチューニングをテスト~分解能の向上~」というタイトルで掲載されています
2021-04-27Stereo Sound Onlineで潮晴男先生によるWestminsterLabケーブルの試聴レポートが掲載されました
「ウェストミンスターラボのハイエンドケーブルは、新しく壮大なオーディオの世界を拓いてくれる。我と思わん強者は、ぜひその使いこなしに挑戦して欲しい」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-04-25Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でシアタールームでのSynergistic Research HFT 2.0の試聴レポートが掲載されました
「Synergistic Research HFT 2.0を使ってルームチューニングをテスト~ややウォームな音色~」というタイトルで掲載されています
2021-04-20Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でシアタールームでのSynergistic Research HFT Standardの試聴レポートが掲載されました
「我が家の場合はHFT Standardを壁に取り付けてやると、その取り付けた場所に音場が拡張されるような感覚を覚えることが多く、吸音というよりは拡張という感覚がぴったりはまります。これはオーディオルームでもシアタールームでも同じ感覚でした。」と評価されています
2021-04-15ダイナミックオーディオ 7F 【H.A.L's Brief News】でWestminsterLab製品の試聴レポートが掲載されました
ダイナミックオーディオ 7F 川又店長より「「この私の心が揺さぶられるほどの感動で一目惚れした新製品とは何か!?」 それほど大げさに言わなくても…、いや! 私の心境としては更に大きな声で言いたいのです!」と紹介されています
2021-04-10Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でSynergistic Research HFT Standardの試聴レポートが掲載されました
「こんなに小さいのに結構変わる!」と評価されています
2021-04-09holbo リニアトラッキングターンテーブルがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
「機器よりもholbo Airbearing turntableの特徴が音に現れた試聴でしたね」と紹介されています
2021-03-25【Double Woofers' ナゾ男の暗い低音は好きじゃない!】ブログでWestminsterLab「Quest」&「Rei」の試聴レポートが掲載されました
「フランスのDevialetを聴いた時にも、見かけによらないパワーが出て驚かされましたが、このReiも同様で、最近の回路技術の進歩を見せつけられた次第です。」と評価されています
2021-03-21【WestminsterLab Questの記事がStereo Sound 2021 SPRING No.218に掲載されました】
三浦孝仁先生より「音調バランスも含めて実力の高さを感じさせる。純正組み合わせの音を聴いてみたい、注目すべきプリアンプである。」と紹介されています
ホーム > ニュース > LUMINがLeedh Processingロスレスボリュームコントロールに対応しました

LUMINがLeedh Processingロスレスボリュームコントロールに対応しましたNews

画像

デフォルトの処理アルゴリズムの代わりに
Leedh Processing Volume Controlを
(追加費用なしで)
使用できるようになりました。

Leedh Processingとは

・丸め誤差を排除する革新的な
 新しいデジタル音量調整アルゴリズムです。

・デジタル信号の振幅を正確に変更します。
 その形状を変更することなく、
 いかなる種類の情報損失もありません。

・より効率的な整数ボリューム値を使用して、
 後続のDAC変換中でもオーディオ情報の整合性を維持します。

・処理能力を多く必要としないため、
 CPUに負担がかかりません。
 プリアンプがなくても音楽を楽しめます。


特徴と使用方法はこちら

画像
このページのトップへ