ニュースNews一覧

2024-04-02Eversolo DMP-A8 春のキャンペーン
2024年5月末までとなります
2024-03-29オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館でオミクロン TUNE-UP 試聴会を行います
電源差込アクセサリーの上に載せることでさらなる効果を引き出す使い方のデモを行います
2024-03-23Stereo Sound ONLINEで鳥居一豊先生によるZMFとSOtMの試聴レポートが掲載されました
ZMF Aeolus LTD スタビライズ仕様とSOtM sHP-100を試聴されています
2024-03-22SOtM sNH-10G スイッチングハブ 春のキャンペーン
販売店より再開要望をいただいているスペシャルエディションサービスキャンペーンを2024年5月末まで行います
2024-03-21ハイファイ堂 越濱様のFacebookでNAZO STAT Version2の試聴コメントが掲載されました
「スタッフと10回以上乗せたり降ろしたり。なんとこのツノの有無が一番効き目がありました。ツノを付けると明らかにヌケが良くなる。空間がズバッと開く感じ。理屈はわかりません。正に「ナゾ」です笑」と評価されています
2024-03-20HiVi 2024春号で鳥居一豊先生による「映画は音だ!」の特集でZMFとSOtMの試聴レポートが掲載されました
ZMF Aeolus LTD スタビライズ仕様とSOtM sHP-100を試聴されています
2024-03-19HiVi 2024春号で潮晴男先生による注目ブランド研究第3回SOtMの記事が掲載されました
sPQ-100PSを試聴されています
2024-03-15PhilewebでNAZO STAT Version2の記事が掲載されました
炭山アキラ先生より「さらに除電効果を高めた「NAZO STAT Version2」。大型カートリッジでも使用可能」というタイトルで紹介されています
2024-03-12Stereo Sound Onlineで山之内正先生によるEversolo DMP-A8の試聴レポートが掲載されました
「新ブランド「Eversolo」のネットワークプレーヤー「DMP-A8」が日本デビューを果たす! 音質と機能の両面で期待を大きく上回る、大型新人の登場だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2024-03-06Eversolo DMP-A8の取り扱いを開始致します
DMP-A8はAndroid OSを使ったミュージックストリーマーです
ホーム > ニュース > Feliks Audio Euforia 真空管ハイエンドヘッドフォンアンプを販売致します

Feliks Audio Euforia 真空管ハイエンドヘッドフォンアンプを販売致しますNews

画像

Feliks Audioは、
20年以上のオーディオソリューション開発経験を持つ
ハンドメイドチューブアンプの
ポーランドのメーカーです。

Feliks Audioのユニークな点は、
アンプのOTL
(Output Transformer Less)設計に
焦点を当てており、
これを想定信号経路の
最小数の要素と組み合わせて、
可能な限り最も純粋で
ニュートラルなサウンドを提供することです。

2つのプレミアム6SN7(CV181-TII)と
2つのNOS 6AS7Gチューブを中心に構築され、
カスタムメイドのハイエンドトランスと
ハイクオリティの内部パーツ
(MundorfコンデンサとNichiconコンデンサ、
Dale抵抗、Caddock抵抗)により、
通常の真空管アンプではなしえない
驚異のダイナミズム、
サウンドステージ、
ディテールを
提供すると同時に、
「チューブ」ならではの
サウンドシグネチャを提供します。

Euforiaのユニークなデザインは、
幅広いヘッドフォンで優れた音質を実現します。
平面磁気を含む
要求の厳しい低インピーダンスヘッドフォン
(<32オーム)を駆動するのにも十分対応できます。

このアンプは、
ユーザーがチャンネル分離を
制御できる独自のCrossFeed機能を
サポートしています。

また、Euforiaは、
真空管とトランジスターの
両方のアンプのプリアンプとして使用できます。

お客様がEuforiaと組み合わせて
評価されているヘッドフォン例:
・ZMF Eikon
・Focal Utopia
・Audeze LCD2 / 3
・Sennheiser HD600 / 800
・BeyerDynamic T1


定価:
Gold PSVane仕様 300,000円(税別)


Feliks Audioはこちら

Euforiaはこちら

画像
このページのトップへ