販売情報information一覧

2020-01-27Tokyo Audio Base 2020に出展します
1/31,2/1に行われるホテルマイステイズ御茶ノ水で行われるTokyo Audio Base 2020に出展致します
2020-01-24HiVi 2020年2月号 で和田博已先生によるLUMIN U1 MINIの試聴コメントが掲載されました
「Roonの教科書」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-01-22Feliks Audio Euforia 真空管ハイエンドヘッドフォンアンプを販売致します
EuforiaはポーランドFeliks Audioのフラッグシップヘッドフォンアンプで、音質と美的デザインの両方に優れた美しいハンドメイドOTLヘッドフォンアンプです。
2020-01-18Stereo Sound Onlineで山本浩司先生によるLUMIN U1 MINIの試聴レポートが掲載されました
「LUMIN U1 MINIでのストリーミング再生 専用トランスポートとしての意味を実感!」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-01-08holbo自宅試聴キャンペーンを行います。
関東圏内のお客様へholoboをご自宅で聴けるキャンペーンを行います
2020-01-07Stereo Sound Onlineで三浦孝仁先生によるholbo エアーベアリング・ リニアトラッキング・ターンテーブル・システムの試聴レポートが掲載されました
「“生々しい触感の音に暫し聴き惚れる”リニアトラッキング&エアーベアリングを採用したアナログプレーヤー「Holbo」とじっくり取り組んでみた」というタイトルでレポートが掲載されています
2019-12-26Synergistic Research ORANGE Quantum Fuseを販売致します
そこに実際に複数の楽器と肉声があると見紛うような精度の高い表現力を持ったヒューズになります
2019-12-24HiViで山本浩司先生によるLUMIN U1 MINIの試聴レポートが掲載されました
ストリーミング再生の記事に続いて、「専用トランスポートとしての意味を実感できる U1 MINIでのストリーミング再生」というタイトルでレポートが掲載されています
2019-12-24LUMIN U1 MINI (高級ヒューズ割引)キャンペーン
1月10日までに特設注文サイトでお買い上げの皆様に税抜\30,000高級ヒューズを\5,000に割引して提供致します
2019-12-23Terra-Berry DAC 3の出荷を開始致します
好評いただいております Terra-Berry DAC2 +のバージョンアップとして、Terra-Berry DAC 3の出荷を開始致します。
ホーム > 販売情報 > 秋のヘッドフォン祭2019に出展致します

秋のヘッドフォン祭2019に出展致しますinformation

画像

秋のヘッドフォン祭2019で
ZMF Headphonesの他にMysphere3と
Alpha & Delta KS3を参考出品します。


日時:
11/2(土)11:00-19:00
11/3(日)10:30-18:00

場所:
中野サンプラザ 13F ロビー(ZMF headphonesブース)

■Mysphere3 (予価 税抜\500,000)



オーストリア LBアコースティック社製


1)フィロソフィー

新しい素材、
改良されたコンピューターシミュレーション、
心理音響学などの革新的な測定方法、
人工頭部(ヘッド&ボディシミュレーション)、
レーザー振動計等は
音響機器の構築に新しい可能性をもたらしました。

AKG K1000のコンセプト構築と開発を指揮した
Helmut RybackとHeinz Rennerは、
彼らの貴重な経験を究極のヘッドフォンである
MYSPHERE 3の開発に惜しみなく注ぎ込みました。

イヤホンは耳の上を浮遊するかのように配置され、
全体の重量は320 gを少し超えるように最適化されています。


すべてのストレスが掛かる外部部品は、
削り出しのアルマイトアルミニウムまたは
ステンレスでできています。
これらの材料は非常に耐久性と耐食性があります。


内部の素材とコネクタは弾性が高く、
腐食に強く、ボディから伝わるノイズを
減衰させるものを採用しています。

耐久性を最優先とした設計をしています。

トランスは、有孔の防滴ファブリックにより、
埃や接触から保護されています。

電気内部配線は完全に対称です。

ケーブルが左側に接続されているか、
右側に接続されているかに関係なく、
正確に同じワイヤ長となっています。

すべてのケーブルおよびワイヤは、
近接効果を回避し、
全体の重量を最小限に抑えるために
軽量に設計されています。


2)過渡応答

超軽量コイルとクモの巣構造のグラスフォーム膜により、
最速のインパルス再現が可能です。

追加の音響質量を減らすために、
狭いチャネル、スロット、穴などの
すべての不要な空気量の影響を回避しています。

3)空間のあるサウンド

オープンデザインによる設計で、ドライバーは耳の上を浮遊しています。

開いた前面クッションにより、音が一方から他方へ、
またはその逆に流れることができます。

これにより、これまでにないステレオ効果と
大きな空間の広がりが生まれます。


4)オープンデザイン

可動膜の両側で、空気は完全に排気されます。
ボリュームの大きさが膜の動きを妨げることはなく、
フロントクッションは音響的にオープンになっています。

これにより、思いがけない音場空間が生まれます。


5)革新的なフレーム構造

軽い金属製のフレームが
柔らかいクッションから頭部に力を伝えることで、
非常に小さな比面圧を実現します。

しっかりと固定されたヘッドバンドは
頭部の敏感な領域を回避して、
ドライバーを中空に浮かせます。

すべてのクッションは磁石で取り付けられており、
工具なしで手動で取り外すことができます。

さらに、持ち運びとサービスを容易にするために、
工具なしでイヤホンの両側を取り外すことができます。


人間の頭は実際には対称ではないため、
角度と高さのすべての調整は、
機械的な固定位置なしに自由に調整できます。

細かいスケーリングにより、
簡単に個人に合わせた調整ができます。


6)仕様

MYSPHERE 3は、LB-acousticsMessgerateGmbHが音響および
振動測定技術のコアコンピタンスを適用して開発しました。

オーディオファンのコミュニティの要件を満たすため、
すべての測定は最新の技術基準に従って行いました。

これには、単純な音響測定だけでなく、機械的振動や心理音響テストも含まれます。
しかし、最終試験はテスト担当者の人間の耳で行われ、
設計コンセプト全体に反映されています。


〇スタイル
フルオープン
 耳横にホバリング
〇感度
 96 dB / 1 mW RMS = 115 dB SPL/V eff.
〇最大入力電力
 60mW
〇定格インピーダンス
 15Ω(MYSPHERE 3.1)または110Ω(MYSPHERE 3.2)
〇トランスデューサータイプ
 ダイナミック
〇トランスデューサーサイズ
 40 x 40 mm
〇ダイヤフラム
 角型、グラスフォーム使用
〇メンブレン保持範囲
 4mm
〇周波数特性
 20 Hz - 40 kHz(-10dB)
〇磁気構造
 ラジアル、フルベント
〇磁気方式
 ネオジムN52
〇磁束密度
 1.5 T
〇重量
 345 g(ケーブル除く)


■Alpha & Delta KS3 (予価 税抜\15,000)



1) わずかにV字型で調整されたサウンドシグネーチャー

カスタム調整された6mmマイクロダイナミックドライバーは、
さまざまな音楽ジャンルに適した
暖かいサウンドシグネチャを提供します

2) 快適なユニバーサルカスタムハウジング

当社のユニバーサルカスタムハウジングは、
競合他社のユニバーサルカスタムハウジングよりも
20%小さくなっています。これにより、
特に耳が小さい方にフィットしやすくなっています。

3) 2ピンで取り外し可能なデザイン

KS3は、着脱可能な0.78mm 2ピンを採用しています。
これにより、ユーザーは標準の3.5mmジャックから
タイプCまたはライトニングジャックに至るまで
さまざまなケーブルを使用することができます。

4) 8コアの銀メッキ銅ペアケーブル

KS3は、非常に明瞭にするために、
当社で評価の高い
8コア銀メッキ銅ペアケーブルになっています。

2.5mm、4.4mm、ライトニング、
マイク付きライトニング、タイプC、
タイプCマイク付きコネクタを含む、
さまざまなジャック付きの追加ケーブルを購入できます。

5) 豊富なイヤーチップが付属

KS3には、4組のフォームチップと
6組のシリコンチップが取り付けられており、
耳のサイズに合わせて快適にフィットします。

6) 2色カラー

KS3には、ダークブルーと
ブラックゴールドナゲットの2色を用意しています。

7) 保証期間:1年

8) 仕様
ドライバーユニット:6mmマイクロドライバー
インピーダンス:16 ohm
定格電力:1mW
周波数応答:10 Hz - 40 Khz
スピーカー感度:105 +/- db/mW
コード長:1.2m銀メッキ銅ケーブル
プラグ:3.5mm

9) 付属品
4組のフォームチップ
6ペアのシリコンチップ
ハードケース1個

画像
このページのトップへ