販売情報information一覧

2018-09-14SOtM sCLK-OCX10 マスタークロック, tX-USBultra USBリジェネレーター, sPS-500 電源ユニットをエスアイエスで展示試聴致します
9月22日までとなります。「小型ですが恐ろしいメーカーが出てきました。音質の良さ、納得の価格、デザインの良さでいま要注目のメーカーです。」と紹介いただいております。
2018-09-06LUMIN X1がエスアイエスのブログに掲載されました。
「音質はハイエンドネットワークプレーヤーと呼ぶに相応しい、スケール感と厚みのあるサウンドです。以前のS1やU1では表現できなかった、奥行き感や陰影感のある質感が素晴らしく、その違いは直接の比較でなくてもはっきりと感じ取る事ができます。」と紹介いただいております。
2018-09-05Stillpoints ULTRA 5がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館のブログに掲載されました。
「低域の沈み込みが断然深くなり、スピーカーからの音離れが良くなりました。加えて、情報量が格段に増えましたね。」と紹介いただいております。
2018-09-04LUMIN X1をエスアイエス様で展示試聴します。
9/10までの一週間、エスアイエス様で展示試聴致します。
2018-09-04Holbo ターンテーブルをオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館で展示試聴しております。
「全く揺らがない・・! 何でしょう、この実在感。。音像がビシッと揺らがないことで高まる実在感、ってあるんですね。。加えてこの静か過ぎる音場・・。」と紹介いただいております。
2018-05-15【オンライン販売】
オンライン購入サイトを用意しております。
2018-05-14【有償訪問サポートサービス】
ご自宅のネットワーク関係及び弊社取扱いのネットワークオーディオ製品(LUMIN、SOtM)の有償訪問サポートサービスです。
ホーム > 販売情報 > LUMIN U1がMQAに対応しました

LUMIN U1がMQAに対応しましたinformation

画像

Firmware 9.04により、LUMIN U1は
S1,A1,T1,D1同様にMQA対応となりました。

3つの接続パターンがあります
①MQA未対応のDACに接続した場合
LUMIN U1は、MQAコアデコードを実行して、
96kHz 24bitまたは88.2kHz 24bitで転送します。

②MQAレンダラーに接続した場合
(例:Berkeley Audio Design Alpha DAC Reference Series 2 MQA)
LUMIN U1はMQAコアデコードを実行し、
DACにレンダリング用のデータを渡します。
(352.8kHz 24bit または384kHz 24bitまで対応可)

③MQA対応DACに接続した場合
LUMIN U1は、未処理のMQAストリームをDACに渡します。
(352.8kHz 24bit または384kHz 24bitまで対応可)

MQAコンテンツにアクセスする最も簡単な方法は、TIDAL MASTERSです。
LUMIN AppでTIDALのMastersにアクセスするだけです。
MQAでエンコードされた楽曲は、タイトルの横にMQAロゴが表示されます。

LUMIN U1はこちら

画像
このページのトップへ