販売情報information一覧

2018-06-08ノムラ無線様の大商談会に出展します
LUMIN D2 及び SOtM製品を出展致します。
2018-06-06【LUMIN D2の記事がAudio Accessory誌169号に掲載されました】
逆木一先生より「MQAを完璧に再生できる。ネットワーク再生の頂点に君臨する体験をもたらす。」と紹介されています
2018-05-15【オンライン販売】
オンライン購入サイトを用意しております。
2018-05-14【有償訪問サポートサービス】
ご自宅のネットワーク関係及び弊社取扱いのネットワークオーディオ製品(LUMIN、SOtM)の有償訪問サポートサービスです。
ホーム > 販売情報 > LUMIN U1がMQAに対応しました

LUMIN U1がMQAに対応しましたinformation

画像

Firmware 9.04により、LUMIN U1は
S1,A1,T1,D1同様にMQA対応となりました。

3つの接続パターンがあります
①MQA未対応のDACに接続した場合
LUMIN U1は、MQAコアデコードを実行して、
96kHz 24bitまたは88.2kHz 24bitで転送します。

②MQAレンダラーに接続した場合
(例:Berkeley Audio Design Alpha DAC Reference Series 2 MQA)
LUMIN U1はMQAコアデコードを実行し、
DACにレンダリング用のデータを渡します。
(352.8kHz 24bit または384kHz 24bitまで対応可)

③MQA対応DACに接続した場合
LUMIN U1は、未処理のMQAストリームをDACに渡します。
(352.8kHz 24bit または384kHz 24bitまで対応可)

MQAコンテンツにアクセスする最も簡単な方法は、TIDAL MASTERSです。
LUMIN AppでTIDALのMastersにアクセスするだけです。
MQAでエンコードされた楽曲は、タイトルの横にMQAロゴが表示されます。

LUMIN U1はこちら

画像
このページのトップへ