販売情報information一覧

2018-09-14SOtM sCLK-OCX10 マスタークロック, tX-USBultra USBリジェネレーター, sPS-500 電源ユニットをエスアイエスで展示試聴致します
9月22日までとなります。「小型ですが恐ろしいメーカーが出てきました。音質の良さ、納得の価格、デザインの良さでいま要注目のメーカーです。」と紹介いただいております。
2018-09-06LUMIN X1がエスアイエスのブログに掲載されました。
「音質はハイエンドネットワークプレーヤーと呼ぶに相応しい、スケール感と厚みのあるサウンドです。以前のS1やU1では表現できなかった、奥行き感や陰影感のある質感が素晴らしく、その違いは直接の比較でなくてもはっきりと感じ取る事ができます。」と紹介いただいております。
2018-09-05Stillpoints ULTRA 5がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館のブログに掲載されました。
「低域の沈み込みが断然深くなり、スピーカーからの音離れが良くなりました。加えて、情報量が格段に増えましたね。」と紹介いただいております。
2018-09-04LUMIN X1をエスアイエス様で展示試聴します。
9/10までの一週間、エスアイエス様で展示試聴致します。
2018-09-04Holbo ターンテーブルをオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館で展示試聴しております。
「全く揺らがない・・! 何でしょう、この実在感。。音像がビシッと揺らがないことで高まる実在感、ってあるんですね。。加えてこの静か過ぎる音場・・。」と紹介いただいております。
2018-05-15【オンライン販売】
オンライン購入サイトを用意しております。
2018-05-14【有償訪問サポートサービス】
ご自宅のネットワーク関係及び弊社取扱いのネットワークオーディオ製品(LUMIN、SOtM)の有償訪問サポートサービスです。
ホーム > 販売情報 > デジ研を開催します

デジ研を開催しますinformation

画像

日進月歩のデジタル音楽再生の理解を
深めていただくイベントとして
2月18日 土曜日にデジ研を開催します。

「ポタ研」だから「デジ研」もね。

開催日;平成29年2月18日(土)
開催時間;午前11時~午後5時
開催場所;中野サンプラザ6階フラワールーム

■タイムスケジュール
【第一部 11:00~12:00】
<ポータブル機器でホームオーディオを再生してみよう>

その1 ポータブルプレーヤー➡iFi Audio Micro iDSD BL➡オーディオ機器
 通勤等で使用していたポータブルシステムを使用して
家で聴くことを想定します。
 併せて圧縮音源、可逆圧縮音源、非圧縮音源、
ハイレゾ音源の比較も行います

その2 パソコン(Mac Book PRO)➡iFi Audio Micro iDSD BL➡オーディオ機器
 一般的なPC Audio再生を行います。

その3 DELA HA-N1AH20/2➡iFi Audio Micro iDSD BL➡オーディオ機器
 話題のオーディオ用NAS DELAをプレーヤとして再生します。

【第二部 13:00~14:00】
<いろいろ話題になっているストリーミング再生を詳しく理解しよう>

昨年Apple Musicが始まり、Spotifyが認可され、
ストリーミングという方法で音楽を聴く、
ということが一般化しつつあります。

また、Tidalという配信システムもありますが、どう違うのか?
そこにMQAがからむって?総合コントロールソフトRoonって何?、
とわからないことがたくさんあると思います。

そこで今回は若手精鋭のコメンテーター土方先生に
詳しく解説していただきます。

再生システム;SOtM sMS-1000SQ sMS-200 LUMIN S1

【第三部 14:30~15:30】
<ネットワークオーディオシステムの正しいシステム構築を考えてみよう>

 オーディオ用ネットワークというとネットワークオーディオを
再生するためのシステムでしたが、
 第二部で紹介されたストリーミング再生もネットワークに
ゆだねられます。

 そのためには具体的に何を使用しなければいけないのか、
どう使えばよいのか、などなど、
 今まで あまり触れられなかったことを徹底的に
土方先生に解説していただきます。

 使用ネットワークプレーヤー(レンダラー)
 ・SFORZATO DSP-03
 ・LUMIN S1,L1

【第四部 16:00~17:00】
<確実に音質が向上するデジタルファイル再生のためのアクセサリーを試してみよう>

 第三部でネットワークシステムを解説しましたが、
世の中には途方もないものがあるもので単体30万円也の
スイッチングハブ テレガードナー M12 Gold Switchを
試してみます。普通に売っているスイッチングハブとの比較、
またBuffaloの業務用のスイッチングハブBS-GS2016/Aも
比較してみます。スイッチングハブがネットワークシステムで
どれだけ重要かがわかります。

 また、デジタル再生において高周波ノイズ対策というのも
考えていかなければなりません。
これはiFi Audio iSilencer 3.0という手軽なグッズを使い
ノイズ対策を実践してみます。

■協賛メーカー(50音順、敬称略)
・株式会社 スフォルツァ―ト
・有限会社 トップウイング
・日本テレガードナー株式会社
・株式会社 ブライトーン
・メルコシンクレッツ株式会社

■使用機材(リファレンス)
プリアンプ;B.M.C. DAC1PRE HR
パワーアンプ;B.M.C. CS3
スピーカー;FOSTEX G1003
調音パネル;Arte PW-IV、Vento Square

このページのトップへ