ニュースNews一覧

2018-01-17LUMIN L1 HDD 5TBモデル 発売開始のお知らせ
好評をいただいておりましたLUMIN L1にHDD 5TBモデルが追加されました。
2018-01-17LUMIN D2 発売開始のお知らせ
好評をいただいておりましたLUMIN D1を大幅に音質強化したLUMIN D2を発売致します。
2018-01-08e☆イヤホン梅田EST店、大阪日本橋本店『ZMF headphones』試聴会
1月13日(土)にe☆イヤホン梅田EST店、1月14日(日)にe☆イヤホン大阪日本橋本店 店内において、伝説のバイオセルロースドライバーを組み込んだZMF headphonesの試聴会を行います。
2018-01-04SOtM sMS-200からsMS-200ultraへのアップグレードサービスのご案内
お持ちのSOtM sMS-200をsMS-200ultraへアップグレード致します
2018-01-02e☆イヤホン 名古屋大須店『ZMF headphones』試聴会
1月6日(土)にe☆イヤホン 名古屋大須店 店内において、伝説のバイオセルロースドライバーを組み込んだZMF headphonesの試聴会を行います。
2017-12-25SOtM 「sMS-200ultra」 発売開始のお知らせ
多くのご注文をいただいておりましたSOtM sMS-200ネットワークトランスポートに、高く評価いただいているtX-USBultraの機能を加えたSOtM sMS-200ultraを発売致します。
2017-12-23BrighTone 「Terra-Berry DAC2+」 発売開始のお知らせ
好評をいただいておりましたTerra-Berry DAC2を、より使いやすくマイナーチェンジし、「Terra-Berry DAC 2+」として発売を開始しました。
2017-12-18フジヤエービック『ZMF headphones』店頭試聴会
12月23日(土)にフジヤエービック Part3様店内において、ZMF headphonesの試聴会を行います。
2017-12-18ZMF headphonesよりバイオセルロースドライバー オープンタイプのAuteur(オーテール)及びZMFパッド、ZMFケーブルの単体販売を発売致します
Eikon(バイオセルロースドライバー、クローズド)のオープンタイプです。 パッドを二つ付属し、交換して音色の違いも楽しめます。
2017-12-15ZMF headphones Eikon, Atticus がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
【名機 MDR-R10 の遺伝子】憧れのSONY 往年の名機、 MDR-R10に通じる印象を語っていただいております。
ホーム > ニュース > デジ研を開催します

デジ研を開催しますNews

画像

日進月歩のデジタル音楽再生の理解を
深めていただくイベントとして
2月18日 土曜日にデジ研を開催します。

「ポタ研」だから「デジ研」もね。

開催日;平成29年2月18日(土)
開催時間;午前11時~午後5時
開催場所;中野サンプラザ6階フラワールーム

■タイムスケジュール
【第一部 11:00~12:00】
<ポータブル機器でホームオーディオを再生してみよう>

その1 ポータブルプレーヤー➡iFi Audio Micro iDSD BL➡オーディオ機器
 通勤等で使用していたポータブルシステムを使用して
家で聴くことを想定します。
 併せて圧縮音源、可逆圧縮音源、非圧縮音源、
ハイレゾ音源の比較も行います

その2 パソコン(Mac Book PRO)➡iFi Audio Micro iDSD BL➡オーディオ機器
 一般的なPC Audio再生を行います。

その3 DELA HA-N1AH20/2➡iFi Audio Micro iDSD BL➡オーディオ機器
 話題のオーディオ用NAS DELAをプレーヤとして再生します。

【第二部 13:00~14:00】
<いろいろ話題になっているストリーミング再生を詳しく理解しよう>

昨年Apple Musicが始まり、Spotifyが認可され、
ストリーミングという方法で音楽を聴く、
ということが一般化しつつあります。

また、Tidalという配信システムもありますが、どう違うのか?
そこにMQAがからむって?総合コントロールソフトRoonって何?、
とわからないことがたくさんあると思います。

そこで今回は若手精鋭のコメンテーター土方先生に
詳しく解説していただきます。

再生システム;SOtM sMS-1000SQ sMS-200 LUMIN S1

【第三部 14:30~15:30】
<ネットワークオーディオシステムの正しいシステム構築を考えてみよう>

 オーディオ用ネットワークというとネットワークオーディオを
再生するためのシステムでしたが、
 第二部で紹介されたストリーミング再生もネットワークに
ゆだねられます。

 そのためには具体的に何を使用しなければいけないのか、
どう使えばよいのか、などなど、
 今まで あまり触れられなかったことを徹底的に
土方先生に解説していただきます。

 使用ネットワークプレーヤー(レンダラー)
 ・SFORZATO DSP-03
 ・LUMIN S1,L1

【第四部 16:00~17:00】
<確実に音質が向上するデジタルファイル再生のためのアクセサリーを試してみよう>

 第三部でネットワークシステムを解説しましたが、
世の中には途方もないものがあるもので単体30万円也の
スイッチングハブ テレガードナー M12 Gold Switchを
試してみます。普通に売っているスイッチングハブとの比較、
またBuffaloの業務用のスイッチングハブBS-GS2016/Aも
比較してみます。スイッチングハブがネットワークシステムで
どれだけ重要かがわかります。

 また、デジタル再生において高周波ノイズ対策というのも
考えていかなければなりません。
これはiFi Audio iSilencer 3.0という手軽なグッズを使い
ノイズ対策を実践してみます。

■協賛メーカー(50音順、敬称略)
・株式会社 スフォルツァ―ト
・有限会社 トップウイング
・日本テレガードナー株式会社
・株式会社 ブライトーン
・メルコシンクレッツ株式会社

■使用機材(リファレンス)
プリアンプ;B.M.C. DAC1PRE HR
パワーアンプ;B.M.C. CS3
スピーカー;FOSTEX G1003
調音パネル;Arte PW-IV、Vento Square

このページのトップへ