ニュースNews一覧

2017-08-15sMS-200(ネットワークトランスポート)にNAS機能が追加されました
NASを購入しなくともsMS-200だけでネットワークオーディオを楽しむことができます。
2017-08-14LUMINのMQA対応ファームウェアがリリースされました
お待たせしておりましたMQA対応ファームウェアがリリースされました
2017-08-02オタイオーディオ様のブログでStillpoints LPI レコードスタビライザーが紹介されました
「使用するとしないとでは、全く違いますね。音の変化量としてはカートリッジを変えたときに匹敵します。究極のレコード再生を目指されている方にお勧めな一品です。」と紹介されています。
2017-07-30Synergistic Research(シナジスティック リサーチ)製品の取扱いを開始しました
Phono Transducer (PHT) フォノトランスデューサーから発売します
2017-07-30High Fidelity Cables Trinity-Goの予約販売を開始します
ハイエンドヘッドフォンをポータブルで楽しむために開発されたデバイスです
2017-07-30LUMIN L1 SSD 960GB仕様を追加しました
好評いただいておりますL1 ミュージックサーバーにSSD 960GB仕様を追加しました
2017-07-28【Stillpoints LPI レコードスタビライザーの記事が電源&アクセサリー大全2018に掲載されました】
田中伊佐資先生が試聴された24モデルの中で【選ぶとしたらこの5つのモデル】の中でStillpoints LPIが選出されています。「独自のベアリング構造で音がピシッと伸びます。」と紹介されています。
2017-07-28【日本テレガートナー M12 SWITCH GOLDの記事が電源&アクセサリー大全2018に掲載されました】
土方久明先生より「価格は高いが圧倒的な音質が評価されヒット製品となっている」と紹介されています。
2017-07-28【SOtM tx-USBultraの記事が電源&アクセサリー大全2018に掲載されました】
土方久明先生より「全帯域の音の立ち上がりが向上してレンジも広がるなど、大幅な音質向上を実感できた。最近レビューした中でも高い音質向上に驚いた逸品だ。」と紹介されています。
2017-07-28【High Fidelity Cables Magnetic Wave Guideの記事が電源&アクセサリー大全2018に掲載されました】
鈴木裕先生より「数を増やせば増やすほど磁気シールド効果が累積される。どんどん音が良くなって、中毒になりそうである。」と紹介されています。
ホーム > ニュース > HIT-ST1 BT Customの販売を開始しました

HIT-ST1 BT Customの販売を開始しましたNews

画像

HIT-ST1 BT Customの販売を開始しました。

HIT-ST1 BT Customは好評頂いているKITHIT社製スーパーツイーターHIT-ST1のカスタムモデルです。

株式会社ブライトーンがチームブランドとして発足させた
「BrighTone」ブランド(Bright ToneのtとTを繋いでチーム連携を表現)から
KITHIT社製スーパーツイーターのカスタム製品を販売いたします。

■スピーカーターミナルの変更
スピーカーターミナルにはフルテック製FT-808を採用しました。
FT-808を採用することにより、最良の音質となる締め付けトルク、高い制振効果、導通性、耐久性を得ることができます。

■内部線材の変更
音質の最終調整としてWestern Electricスピーカーケーブルの復刻版であるAIW社製の線材を使用することで、
繊細な音の表現をさらに忠実に再現することが可能となりました。

定価\498,000(税抜き)

HIT-ST1 BT Customの詳細はこちら



このページのトップへ